彼は福岡ではカメラを買ってくれた
0

    、車の福岡のようなものです。際限なく流れる鼻水、くしゃみと稲妻、咳。上下の子供の鼻を何度もこすり、薬を飲んでもらいます。見えないトンネルのみ。すぐに良くなればいいのですが、難しいです…治りません。ポイントがわかりません。

     祝うために(^。^)」
    祝うため→夕方、両親がやってきました。お菓子がたっぷり入った袋がたくさん★上の子は、7ヶ月以上食べられるいじめっ子2人、生後7ヶ月から食べられるロブスター、大好きな海老のせんべい、大好きな海老3一方、年少の子供たちは、7か月間食べられる2つの福岡、「はいはいはん」と呼ばれる米菓、およびバナナパンです。彼は私たちにカメラを買ってくれた。まずババは今日は○○→年上の子は2歳2ヶ月、福岡→下の子は8ヶ月だと教えてくれました。彼らはお祝いに来たようです。上下の子供たちに笑顔。しかし、祖父と馬場から家に帰るように言われたとき、私は上で泣くのではなく、一緒に入り口で美唄を食べていたとき、私は沈んで顔を下に向けた。私は孤独ですこれは最も孤独な時間です。

     

    posted by: hukuoka63 | - | 12:59 | comments(0) | - |